“日本語教育における終助詞ネの解説にノダ・非ノダの語用論が必要である理由”

Abstract:
終助詞ネは前接が非ノダかノダかにより機能が異なることを会話コーパスの分析を通し示す。ネは確認だが、非ノダに付くと聞き手が確認でき、ノダに付くと聞き手か話者のどちらかしか確認できないことを指す。非ノダ/ノダは認識の一致/不一致を意味し、教科書のノダの解説(理由・説明)と異なる。ノダは「未統合の新情報を示す(mirative)」との捉えが、終助詞ネの共起と用法を上手く説明できることを論じる。

Presenter:
京野千穂, 学術研究員
名古屋大学

About the presenter:
Chiho Kyono, Ph.D, is a Japaese instructer who has experience teaching in both the U.S. and Japan. Currently, she teaches at the Doshisha University Center for Japanese Language and Culture in Kyoto. Her current research interests include Japanese pragmatics, interlanguage pragmatics, and Japanese pedagogy.

Return to:
List of Presenters and Events
– Conference Schedule